企業のご担当者様へ

あなたの店舗スペース・モデルルームでのイベントも承ります

お問い合わせはコチラ

コロナ禍の中で見えた、我が家のcomfort zone

News

Hello!
出張 おやこ英語教室+おはなし会イベント
おやこEnglish あべようこです。

日々、世の中だけでなくプライベートでも目まぐるしく変化する毎日で、
家のなかだけは時間がゆっくり流れていて(時には長すぎて「えー!まだ○○時なの?!」と感じることさえある)。
このギャップ・・・というか、摩擦みたいなものに、神経が疲れそうになるけど、何とか生きています。

4月半ば~GW終わるまでの期間、我が家はこんな感じでした。

息子の休校(学童も閉所)

娘の休園(保育園閉所)

夫のテレワーク+週2会社出勤

私のテレワーク+週2会社出勤

の生活。

これが、思ったより快適でした。
千差万別だと思うけど、これが意外と我が家にとっては「いいバランス」のようです。
(多分、私はこの「週2会社勤務」ってのがなかったらダメだっただろうなって感じです。)

イイコト1:夫の生活が”健康的”になった

普段、千葉から都内の通勤で、片道2時間。毎日往復4時間生活の夫。
しかも、(朝の満員電車がイヤだから時差出勤で)朝早く出て、(毎日残業生活で)終電で帰ってくる。そして、夜中1時とかにお風呂入った後、ご飯食べて寝る。その繰り返しのような日々。

不規則極まりないし、もうアラフォーの身体は根性だけでどうにかなるものじゃないことをヒシヒシと感じている模様。

そんな夫に、週3のテレワーク。

朝はいつも通り起きても朝食前に1~2時間仕事ができて、
朝食、
AM9:30 ウェブミーティングで始業、
昼食、
PM6:30終業。
PM7時頃には子ども達とお風呂に入り、
夕食。(ビール付)
それから夫担当の家事(洗濯物干す畳むなど)を済ませてから、
PCに向かい残業。

仕事している時間は今までと同じでもしっかり睡眠時間取れてるし、
朝昼晩の3食を家族揃って食べられて、
特に夜中の夕飯➔即寝る っていうのを断絶できたってのが
すごくうれしいし健康的~!!

イイコト2:夫婦の会話が増えた

夫の生活が変わったことで、
子ども達との時間は増えるし、
そして、何より夫婦の会話が増えた!

今までホントに、顔を合わせてなかったんだなーって実感。

相変わらず、大した会話はしてないんだけど、
たわいもない会話が私達夫婦にはとても潤滑油になるんだなぁ。

イイコト3:夫と子供の可愛さを共有できるようになった

休校休園の子ども達(娘3歳と息子7歳)+私(一応 在宅勤務状態のハズ)はリビング、夫は自室
で基本過ごしているんだけど、

娘や息子がさ、
「あはは!なにその格好~!めっちゃ面白い!」とか
「めっちゃ可愛い~~~~♡♡」ってことするんだよね。

そんな時に、
夫の自室へノックもなしに入り、
「ちょっとー、パパー!!!来て来て!
〇〇(息子or娘)がめっちゃ面白い~(可愛い~~~♡)!
今すぐ、見てよー!!!」
って呼んで、すぐ見れるところ。

この1カ月で、
「あー、幸せだね~♡」
「あー、子どもが可愛くてたまらんね~♡」
「なんでそんなにカワイイのかねぇ」
と何度、夫婦で言いあったことか。(親バカ全開っ(笑))

イイコト4:私がオンラインレッスンやミーティング時に、子どもが騒ぎ出した時は夫が助けてくれる

基本的には私が子ども達を見てる体制だったんだけど、
それでもオンラインでのレッスンやミーティングの時は私優先と言うか夫もちゃんと子供を気にする体制になっていて。

例えば、オンラインレッスン時に子ども達がケンカして騒ぎ出すと、
夫が自室からひょこひょこ出てきて子ども達を回収。
自室に連れて行き、少し遊んだり、話したりしてなだめる。

落ち着くとまたリビングに放流されてたけど、
それでも騒ぎ出したら回収してくれる要員がいるだけで
かなりの安心感。

何回か夫が会社出勤の日にオンラインレッスン/ミーティングをやったんだけど、それはそれは…カオス…。
子ども達が近くで喧嘩するわ、「ウ○チー!」「チ○コー!」を連呼するは、どこから出してきたのか笛を吹くわ、終いにはミーティングに乱入してくる、いつのまにかイヤホン(Apple純正)を噛んでる…。

がぁーーーーーーーー!!!!!!!

お仕事用の「外向けの顔」は一変し、一気に「おっかないカーチャン顔」をご披露しちゃったわ。

それに比べると、やはり「回収してくれる要員」はホント心強い。

イイコト5:子どもが好きなことを好きなだけやっている時間がある

共働きの我が家にとって、子ども達に長期休暇はありませんでした。
春休みだって、夏休みだって、冬休みだって、基本は学童or保育園。

とは言え、ゼロではなく、夏休みもお盆休みとかで連休は作ったけど、夏休みでも せいぜい1週間。
世の子ども達の”夏休み”とは違うし、そんな1週間は「よし!遊ぶぞー!!!」と帰省したり、旅行したりして、家でじっくり過ごす時間なんてなかった。

そんな我が家の子供たちが初めて手にした、本当の「長いお休み」(しかもStay Home)。

7歳(新小2)の息子は、一応お勉強を毎日ちょっとずつやり(ご褒美のゲームが目的だけど)、私や夫とゲームをしたり、マンガ(コナン)を読んだり、Youtubeみながらクラフトしたり、テレビ見たり、娘と家の中を探検して遊んだり。

しょっちゅう「ヒマーーーーーー!!誰か遊んでーーーーー!」と怒り叫んでいるけど(笑)、なんとか過ごしています。

そんな時間が、子ども達にとってすごく大事なんだなぁって感じたりもしています。

まぁ、その裏で、ムムム(怒)なこともいっぱいありますよ、実際には。

夫よ。朝起きて仕事してるのはいいけど、子ども達が起きて朝ごはん作るまで私がすべて子どもの世話するの?アナタ、そこにいるのに????

とか、

私が会社出勤で夫がテレワークの日、「お風呂掃除とごはん炊くの、よろしくー!」って言ったら、「忙しいんだけど?!」って言われて、
「はぁー!?それあたしはいつもやってるけど?!」ってなったり。

とか、

子ども達のケンカが増えるから、私もしょっちゅう怒ってるし。

まぁ、色々ね。

でも、そんなことも「それはイヤ!」と伝えて改善したり、
嬉しかったことは「アリガトウ」と伝えたりで、
いつのまにか?解決して、今はわりとcomfort zone(快適ゾーン)に入ってる感じ。

コロナには、早く終息して欲しいけど、
そんな生活の中でも、たくさんの学びがあって、なんとか小さな幸せを見つけながら家に籠もって暮らしています。。。

そんな快適さも、GWで終了となりそうです(夫のテレワークがほとんどなくなる)。

 

しばらく大人2人で見てきた環境で、
いきなりのワンオペ育児に逆戻りーーーーーー!!!

大丈夫かな、我が家。

またまた日々、変化と「実験」の絶えない毎日になりそうです。

News コラム 他愛もない話
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【おやこEnglish】千葉・都内・オンライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました