かゆいのって我慢するのツライよね、、、私は瘡蓋(かさぶた)を我慢できない

■子育てバナシ

Hello!
小2やんちゃ小僧+年少おちゃめ娘の2児を育てる
パラレルワーカーMama
あべよ(あべようこ)です!
How are you doing?

 

暖かくなってきたね。

私の働く会社の隣には大きな公園があり、
桜がい~っぱいなの。

オフィスの窓から見えるこの景色は、、、サイコー!

 

ところで、この季節になると、辛くないですか?

花粉症やら色々

私は何にアレルゲンがあるのか知らないけど、
最近雨の日でも、アレルギーをひどく感じます。
鼻が止まらなくなったり、目がかゆくなったり。

そして、花粉とは違うんだけど、ずいぶん前から「痒み」を抱えている箇所がありまして。

先日、英語講師の仲間である先生とあるきっかけで
「わたしは瘡蓋(かさぶた)を我慢できずつい剥がしちゃう~」という話になり、
教えてもらったことがあるの。

 

掻かないことを意識する、痒くないと思い込む、どっちも脳は痒いと認識するそうです

否定語は脳が認識できない。
だから、痒くない状態のきれいな肌をイメージする言葉を言うといいんですって。

かさぶた、私も同じ傾向あります😂
ようこ先生も試してみてくださーい😉

と話してくれました!

maple
maple

脳が否定語を即座に理解できない、って話はコレ↓でもしているよね

道路を渡るときには~道で使える英語フレーズ
Make sure there are no cars coming before crossing the ...

 

 

目から鱗だったというか、新たな気づきだったのは・・・

脳が否定語を認識できないというのは知っていて、
よく子供への声掛けに活用していた、、、のに!自分に使ったことなかったっ(驚!)。

maple
maple

子どもへの声掛け例としては・・・

「食事中に立っちゃだめ!」ではなく
「食事中は座って食べようね」

「そこ、走らないで!」ではなく
「そこはゆっくり歩いて降りてね」
などなど

 

しかし自分に使ったことがなかったなんて、盲点の極みっwww

と言うことで、
ここ数日、私も実践しています♪

完全に掻くのを我慢できているわけではないけど、
そうね~3回に1回くらいは、思いとどまらせてくれているかな。

 

是非、あなたもやってみてね。

■子育てバナシ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あべよをフォローする
あべよdiary

コメント

タイトルとURLをコピーしました