サイトをリニューアルしました

Happy tanabata Day!!「七夕」を英語で説明してみよう!

■BLOG

Hello!
出張 おやこ英語教室+おはなし会イベント
おやこEnglish あべようこです。

今日は七夕ですねー!!

娘は昨日こんな可愛い七夕製作を持って帰ってきました。

見せて?
って言ったら、こんな↓様子で逃げて行ったけど(笑)。

さて、

What’s your wish for tanabata?
七夕に、何をお願いする?

今夜は天の川、見られるかなぁ。

七夕の起源、知ってる?

元々は中国が起源で、遥か昔の奈良時代に日本へと伝わったと言われています。
日本では仏教と、秋の豊作を祈る行事がお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。そこに、中国の織姫と彦星の伝説が伝わり、星に祈るお祭りとして庶民に広まったそうです。

ちなみに、中国の七夕は日本『短冊に願いを込める』行事はしません。
「中国版バレンタイン」とも呼ばれており、男性が女性に花束を贈ることが多いようです。

 

欧米では七夕というFestivalは知られていません(驚)!

アジア圏以外では七夕という行事そのものが存在しません。
なので、七夕が何なのか、何をする行事なのか。を話す必要があるのよねー。

▼七夕、なんぞや?

Tanabata is based on the legend of two stars, Hikoboshi and Orihime, which are represented by Altair and Vega, respectively.
七夕は織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)2つの星の伝説に基づいています。

Hikoboshi and Orihime used to work hard so much.
彦星と織姫は、かつて非常に働き者でした。

However, after their marriage, Hikoboshi idled away and didn’t work.
しかし彦星は結婚したのち、遊んでばかりで仕事をしなくなりました。

An angry god split Hikoboshi and Orihime apart from the two banks of the Milky Way.
怒った神様は彦星と織姫を天の川の両岸に引き離しました。

But, the god permitted Hikoboshi and Orihime to reunite once a year on July 7.
しかし、神様は年に一度7月7日に彦星と織姫が会うことを許しました。

This is why Tanabata is held on that day every year, and it is said to be the day when lovers can reunite.
これが、七夕が毎年7月7日に行われ、恋人同士が再会することができる日と言われている理由です。

 

▼七夕、何する行事なんだい?

We decorate bamboo trees with colorful pieces of paper to pray for Orihime and Hikoboshi to get together.
私達は色とりどりの飾り紙で竹を飾り、織姫と彦星の再会を祈ります。

We write our wishes on strips of paper, which is called Tanzaku, and hang them from bamboo branches, which is said to make their wishes come true.
短冊と呼ばれる細く切った紙に願いをしたため、それを竹に吊るすと願いがかなうと言われています。

 

関連記事:
https://mapleplus-english.com/archive2018-07-09/

 

今夜は空を見上げて、願いを唱えてみましょう♪

 

■BLOG ■おやこEnglish
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あべ ようこをフォローする
おやこEnglish + MamaCafe + 育児つれづれ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました